2019年06月25日

在学中の司法試験可能に 最短5年法曹コースも導入 負担軽減、改正法成立


以下は、共同通信(2019年06月19日)からの引用です。

「法科大学院在学中に司法試験の受験を可能とする法曹養成制度関連の改正法が19日、参院本会議で可決、成立した。

法学部を3年で卒業、法科大学院を最短2年で修了する「法曹コース」も導入。

これらにより、司法試験の受験までの期間が、現行より2年近く短縮できることになる。

学生の時間的、経済的負担を軽くすることで法曹志願者の増加を狙う。

改正法では、法曹コース設置を来春から認める。

学部の早期卒業か大学院への飛び入学により、法学部を3年で出て、法科大学院(最短2年)に進むもので、学部と大学院が連携協定を結び、文部科学相が認定する。

また、1年以内に大学院を修了予定で、一定以上の成績を収めていると学長が認定した学生は、2023年度から在学中に司法試験を受けられるようにする。

合格した学生が法科大学院を中退しないよう、大学院を修了しなければ司法修習には臨めないとの規定も盛り込んだ。

現行制度は、経済的な事情で法科大学院に進学できない人を対象とした予備試験を除くと、司法試験の受験資格を得るには学部と法科大学院の合計で最短6年かかり、大学院修了後に試験に挑む仕組みとなっている。

司法試験の合格率低迷などで法科大学院離れが加速しており、募集停止が相次いでいるほか、入学者数はピーク時の約3割に落ち込んでいる。

政府は改正法で現状を打開したい考えだが「短期間の在学では司法試験の受験対策に追われることになり、多様な法曹を養成するという法科大学院の趣旨が損なわれる」との反対意見も根強い。」




参議院の議案情報は↓
posted by 森越 壮史郎 at 12:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする