2018年07月31日

預かり金返さず、弁護士を業務停止1カ月 京都弁護士会


以下は、産経ニュース(2018.7.18)からの引用です。

「京都弁護士会は18日、依頼者からの預かり金の一部を返済しなかったとして、島崎哲朗弁護士(64)を業務停止1カ月の懲戒処分にしたと発表した。

処分は11日付。

弁護士会によると、島崎弁護士は平成26年12月、依頼者の60代男性の離婚事件で、報酬金などの名目で100万円を預かった。

その後、報酬や実費を差し引いた約53万円のうち、15万円を返したのみで残りの返済に応じなかった。

「別件の依頼者と金銭トラブルになり、お金がなかった」と話しているという。

島崎弁護士には他にも3件の懲戒請求が出されており、弁護士会が調査を進めている。」





日弁連の見舞金制度の対象となるのは、2017年=平成29年4月1日以降に発生した被害だそうですので、対象とはならないのでしょうね↓
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/458687063.html

ただ、離婚事件ですから、何年もかかって解決して、最近になって返してと言われたけど、返せなかったということも、あり得ないではないですが。

まあ、30万円の免責みたいのがあるそうですから↓、本件では、殆ど実益のない議論ですが、被害が発生した時というのは、業務上横領罪で言うところの既遂の時期、ということになるのでしょうかね。
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/447877159.html

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 12:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする