2018年06月18日

裁判官の懲戒申し立て=判決文未完で言い渡し−岐阜地裁


以下は、時事ドットコム(2018/06/13)からの引用です。

「担当した36件の民事事件について、判決書原本(判決文)が未完の状態で判決を言い渡したのは裁判所法の職務上の義務違反に当たるとして、岐阜地裁は13日、裁判官分限法に基づき、所属する山崎秀尚裁判官(58)の懲戒を名古屋高裁に申し立てた。

岐阜地裁によると、名古屋地裁岡崎支部に在任中の2017年4月17日〜18年3月30日、36件の民事事件について、判決文を完成させないまま判決を言い渡したとされる。

大筋で事実関係を認め、「事務処理に追われて、やむなく行った」と話しているという。」





裁判官分現法は↓
http://www.houko.com/00/01/S22/127.HTM

弾劾裁判ではないので、この程度のことは、罷免になるとかならないとか、そういうレベルのお話ではない、ということなのですね↓
http://www.dangai.go.jp/index.html

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 12:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする