2016年03月31日

覚せい剤差し戻し審 被告に逆転有罪判決 札幌地裁


以下は、どうしんウェブ(2016/03/24)からの引用です。

「覚せい剤取締法違反(使用、所持)の罪に問われ、一審の無罪判決が二審で破棄された札幌市内の女(28)の差し戻し審の判決公判が23日、札幌地裁であり、佐伯恒治裁判長は懲役1年8カ月(求刑懲役2年)を言い渡した。

警察官が強制採尿令状を取るまでの約4時間、女を捜査車両内に留め置いた行為をどう判断するかが争点だった。

判決理由で佐伯裁判長は「任意捜査の範囲を超えており違法だが、その程度は重大とはいえない」と判断。

「違法捜査で得られた証拠は排除すべきだ」とする弁護側の無罪主張を退けた。

2014年8月の一審札幌地裁判決は「実質的な逮捕に当たり、重大な違法だ」として尿の鑑定書などの証拠を採用せず、無罪を言い渡した。

これに対し、二審の札幌高裁は「重大な違法とまではいえず、一審の訴訟手続きは法令違反」として無罪判決を破棄し、審理を地裁に差し戻していた。

女は一審の無罪判決を受けた約3カ月後、再び覚せい剤を使用して逮捕され、有罪判決を受けて服役中。」




この事件の続報でしょうね↓
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/411470010.html

上級審の裁判所の裁判における判断は、その事件について下級審の裁判所を拘束するので(裁判所法4条、じゃないと永久に行ったり来たりする可能性がある)、このように判断するしかないと思うののですが、随分と年月がかかりましたね。

約4時間の拘束は随分と長いように思いますが、上告するために、再度、控訴するのでしょうか。

砂川事件のように、跳躍上告(刑事訴訟法406条、刑事訴訟規則254条)という訳には、行きませんし。

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月30日

「預貯金は遺産分割対象外」の判例変更可能性 審判で大法廷回付 最高裁


以下は、産経ニュース(2016.3.23)からの引用です。

遺産分割の際、預貯金が対象になるかどうかが争点となった審判の許可抗告審で、最高裁第1小法廷(山浦善樹裁判長)は23日、審理を大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)に回付した。

大法廷回付は新たな憲法判断や判例変更を行う場合にされるため、預貯金は遺産分割の対象にならないとした最高裁判例が見直される可能性が出てきた。

これまで預貯金をめぐっては、相続開始と同時に相続分に応じ当然に分割されるとされ、相続人全員の合意がなければ遺産分割の対象外だった。

このため、家庭裁判所や金融機関の実務に影響しそうだ。

大法廷に回付されたのは、遺族が別の遺族に対して預貯金などの遺産分割を求めた審判。

大阪家裁、大阪高裁とも預貯金は対象にならないと判断していた。」




最高裁判所昭和29年4月8日判決↓は、「相続人数人ある場合において、その相続財産中に金銭その他の可分債権あるときは、その債権は法律上当然分割され各共同相続人がその相続分に応じて権利を承継するものと解するを相当とする」と判示しており、司法試験の勉強をしたことがある人なら、当然、そのように理解していると思いますが、何かそれでは不都合な事情があるということなのでしょうね。
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=56093

結論は決まったようなものなので、結論よりもそちらに興味がありますね。

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

ハルク・ホーガン氏への賠償128億円判決 ビデオ流出


以下は、朝日新聞デジタル(2016年3月19日)からの引用です。

人気プロレスラーのハルク・ホーガン(本名・テリー・ボレアさん)が、知人の女性と性行為をしている様子が映ったビデオを無断で公開され、プライバシーを侵害されたとして、インターネットのニュースサイトの経営会社に賠償を求めた訴訟の判決が18日、米フロリダ州であった。

AP通信によると、陪審員はプライバシー侵害を認め、経営会社が1億1500万ドル(約128億円)を支払うよう命じた。

訴訟は、有名人のゴシップに関するニュースなどを扱ってきた「ゴーカー・メディア」やその経営者に対して起こされていた。

こうしたニュースサイトが増えるなか、著名人のプライバシーと表現の自由が争われた訴訟として、米国で注目を集めていた。

AP通信などによると、ビデオは匿名でゴーカー側に提供され、約1分が公開された。

訴訟でゴーカー側は、ボレアさんがハルク・ホーガンとして私生活の内容を自ら明らかにしてきたことなどを挙げ、公開に理由があると主張したが、退けられた。

同社は控訴する方針という。」




128億円とは、さすが懲罰的損害賠償の国、アメリカですね。

性行為をしている様子が映ったビデオといえども、我が国では、到底、考えられない金額ですね。

ところで、誰が、何のために、どうやって撮影して、どうして経営会社の手に渡ったのでしょうかね。

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする