2015年10月29日

【普天間移設】移設作業再開へ 石井国交相、辺野古埋め立て承認取り消しの「効力」停止 


以下は、産経ニュース(2015.10.27)からの引用です。

「石井啓一国土交通相は27日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設をめぐり、翁長雄志知事が埋め立て承認を取り消した処分を停止すると発表した。防衛省沖縄防衛局は移設作業を再開し、工事にも着手する。

執行停止の決定書は判断理由として「普天間飛行場の移設事業の継続が不可能となり、飛行場周辺の住民が被る危険性が継続するなど重大な損害が生じるため、これを避ける緊急の必要性があると認められる」と説明。政府は効力停止を決定したことにより、防衛省は移設作業を再開し、工事にも着手する。翁長氏は今後、停止の取り消しや工事差し止めを求める訴訟を提起し、政府との法廷闘争に発展する見通しだ。

政府は27日、国の強い権限が認められる「代執行」の手続きに着手する方針も決めた。菅氏は同日午前の記者会見で、翁長氏の取り消し処分を「違法な処分で(普天間飛行場の)危険除去が困難になる」と指摘。その上で「処分の是正を勧告するとともに、応じない場合には、裁判所で司法の判断を得ることができるように代執行手続きに着手することにした」と強調した。政府は28日にも「勧告文書」を翁長氏に送付する。

効力停止の申し立ては防衛省が14日に行った。翁長氏が公有水面埋立法に基づく辺野古の埋め立て承認を取り消したことへの対抗措置で、取り消し処分の効力停止と処分の取り消しを求める行政不服審査を同時に申し立てた。

防衛省は、申し立ての理由として(1)仲井真弘多前知事による承認に不合理な点はない(2)嘉手納基地(嘉手納町など)以南の返還など基地負担軽減を着実に実施(3)ウミガメやジュゴンなどの保全に万全を期している−と主張。翁長氏の取り消し処分は違法だとしていた。」




この記事↓の続報ですね。
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/427933781.html

行政不服審査法は↓ですが、審査するのは裁判所ではなく、行政庁だったのですね。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S37/S37HO160.html

代執行手続というのは、どういう法律に基づく手続ということなのでしょうか。




と思ったら、以下は、時事ドットコム(2015/10/27)からの引用です。

政府、「代執行」で決着図る=辺野古移設、深まる対立

「米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設をめぐり、政府は27日、翁長雄志知事に代わって国が埋め立てを承認する「代執行」に踏み切ることを決めた。司法判断を仰ぎ、県の対抗手段を封じるのが狙いだ。ただ、政府が強制手段も辞さない姿勢を示したことで、沖縄側との対立が一層深刻化するのは必至だ。

「仲井真弘多前知事から正式に埋め立て承認を受けた。(承認手続きに)全く瑕疵(かし)はない」。菅義偉官房長官は27日の記者会見で、辺野古移設を推進する政府の正当性を強調。翁長知事による承認取り消しを批判した。

政府は28日に、取り消し処分の是正を「勧告」する文書を県に送付する。県が拒否するのは確実で、政府は次の段階として、是正を「指示」する文書を送付。これも拒否されれば、県に対する職務執行命令を求め、高等裁判所に提訴する方針だ。

政府は1995年にも、大田昌秀知事(当時)が米軍用地の強制使用に必要な代理署名手続きを拒否したことを受け、橋本龍太郎首相(同)が代理署名を代執行した。この時は、政府が勧告してから約半年後に高裁で県が敗訴、代執行に至った。

強権的ともいえる対応の一方で、政府は基地負担軽減に取り組む姿勢もアピールし始めた。辺野古移設を条件付きで容認する名護市の3地区に対して26日、地域振興関連費を県、市の頭越しに直接支出する異例の措置を表明。29、30日には菅長官が米領グアムを訪れ、在沖縄米海兵隊の移転予定地を視察する。

27日は代執行と並行して、石井啓一国土交通相が県の承認取り消しの執行停止を決めた。これに対し、県は近く国地方係争処理委員会に不服審査を申し立てる方針。同委員会は第三者機関のため、政府に不利な判断が下される可能性もある。政府が代執行を急ぐ背景には、不測の事態を避ける狙いもありそうだ。 

沖縄側は早速、猛反発している。翁長知事は27日夜、那覇市内で記者会見し、「政府の最後通告だ。多くの県民の思いを踏みにじるもので、断じて容認できない」と述べ、政府の対応を非難。稲嶺進名護市長も市役所内で記者団に対し、「地方自治の本旨を全く無視している」と糾弾した。」




行政法や地方自治法に詳しい弁護士というのは余りいないと思うので、教科書的な文献を執筆している権威ある大学教授の話を聞いたみたいものです。

と思ったら、地元沖縄の弁護士さんのこんなブログ記事↓がありました。
http://kanetakanozomi.blog.fc2.com/blog-entry-11.html

さて、どうなるのでしょうか。

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月28日

強姦一転無罪へ、なぜ私は冤罪に 72歳が国を提訴へ


以下は、朝日新聞デジタル(2015年10月15日)からの引用です。

「10代女性への強姦(ごうかん)罪などで服役中に被害証言はうそと判明し、裁判のやり直しになった大阪府内の男性(72)が冤罪(えんざい)を見逃した責任は警察と検察、裁判所にあるとして、国と府に賠償を求める訴えを近く大阪地裁に起こす。逮捕から7年、男性は16日の再審判決でようやく無罪になる見通しだ。しかし、刑事司法のどこにどんな誤りがあったのかを正さなければ、この事件は終われないと思い定める。

男性は2004年と08年、当時10代の女性に自宅で性的暴行を加えたとする強制わいせつ1件と強姦2件の罪に問われた。09年の大阪地裁判決で「醜悪極まりなく、齢(よわい)六十を超えた者の振る舞いとも思えぬ所業」とされ、懲役12年に。最高裁が11年に上告を退けて確定し、服役した。

だが昨年9月、弁護人が女性から「被害はうそ」と告白を受けて再審請求。大阪地検は当時の診療記録に「性的被害の痕跡はない」と書かれていたのを確認し、11月に男性を釈放した。今年8月に地裁で始まった再審公判で、検察側は「虚偽を見抜けず服役を余儀なくさせた」と謝罪し、自ら無罪判決を求めた。

男性は今回起こす国家賠償請求訴訟で、自宅に第三者がいる状況で被害を受けたとする女性の証言の不自然さや、自身の疾病で性行為は難しいといった説明が捜査段階の取り調べで考慮されなかったと主張する。

さらに公判段階でも、冤罪を裏付ける証拠となった診療記録の取り寄せを弁護人が控訴後に求めたのに、検察は安易に「存在しない」と回答したと指摘。二審・大阪高裁も、当時の受診状況を確認するために求めた女性と母親への証人尋問を認めず、一審の一方的な判断を漫然と支持したと批判。予断を持たずに捜査と審理を尽くしていれば、冤罪は防げたと訴える。

弁護人の後藤貞人(さだと)弁護士は「性犯罪の被害者の証言を疑えということではない。真実を見抜く力など誰にもないからこそ、無実の訴えがあれば、できる限り調べるのが捜査機関や裁判所の務めだ」と指摘。「なぜ、それが尽くされなかったのか。訴訟で問題点を探り出し、冤罪防止につなげたい」と話す。

■「刑事も検事も取り合ってくれなかった」

男性は今月1日、朝日新聞の単独インタビューに初めて応じ、提訴を決めた心境を語った。

「無実の人間にどれだけの被害を与えたか。警察官、検察官、そして裁判官にもわかってほしい」

08年9月、大阪府警の刑事ら3人が突然、自宅にやって来た。その場で逮捕されて警察署へ。10代女性への性的暴行の容疑がかけられていると初めて知った。「まったく理解できなかった」

警察の取り調べに否認を続けた。男性刑事の言葉は「やったやろ」「覚えてないなら教えたるわ」と次第に荒っぽくなったという。検察の取り調べでは、被害証言の矛盾を訴えた。しかし、女性検事は「絶対許さない」と一切取り合ってくれなかったという。

無罪主張は三審に及ぶ裁判でも退けられ、服役を余儀なくされた。月1回、大阪から大分刑務所(大分市)へ面会に来てくれる妻だけが心の支えだった。

懲役12年。その途中、6年2カ月の不当な拘束を経て自由の身になった後も苦しみは続いた。生涯の仕事として25年間勤めた電気設備会社に復職を求めたが、拒まれた。近所で知り合いに会っても、どこかよそよそしい空気を感じる。

16日の再審判決で無罪が言い渡されても、その思いは晴れない。名誉は完全に回復できず、失った時間も取り戻せないからだ。「せめて国賠訴訟で冤罪の原因を突き止めたい。二度と同じような思いをする人が出ないように」と願う。

■強姦再審事件の経過

2008年9月 大阪府警が10代女性の告訴を受け、男性を強制わいせつ容疑で逮捕。大阪地検は同罪で起訴

11月 地検、同じ女性への強姦罪2件で追起訴

09年5月 大阪地裁、懲役12年の判決

10年7月 大阪高裁、男性側の控訴棄却判決

11年4月 最高裁、男性側の上告棄却決定

14年9月 男性の弁護人が女性から「被害はうそ」と告白を受け、地裁に再審請求

11月 女性に「性的被害の痕跡なし」とする診療記録があったとして、地検が服役中の男性を釈放

15年2月 地裁が再審開始決定

8月 再審初公判で検察が謝罪、無罪判決求める

10月16日 再審判決で無罪の見通し」




続いて、以下は、同じく朝日新聞デジタル(2015年10月17日)からの引用です。

強姦事件再審、男性に無罪判決 地裁「自由を奪い残念」

「10代だった女性への強姦(ごうかん)罪などで懲役12年とされて服役中、被害証言がうそと判明して釈放された大阪府内の男性(72)のやり直し裁判(再審)で、大阪地裁は16日、男性に無罪判決を言い渡した。芦高源(あしたか・みなもと)裁判長は「身に覚えのない罪で自由を奪い、誠に残念」と述べた。再審で無罪判決を求め、男性に謝罪した大阪地検は上訴権の放棄を即日申し立て、控訴期限を待たず無罪が確定した。

芦高裁判長は、2004年と08年に男性から自宅で強制わいせつと強姦の被害を受けたとしていた女性が昨年になって「被害はうそ」と弁護人に告白した▽地検の再捜査で見つかった当時の診療記録にも「性的被害の痕跡はない」との記載があった――という二つの新証拠を踏まえ、無罪の判断を導いた。

そのうえで、捜査・公判段階での女性の供述内容を改めて検討。隣室に家族がいる中で被害に遭ったとしたり、被害を受けたとする時期が大きく変遷したりするなど当初から不自然な点があったと述べた。

今回の再審で弁護側は、捜査段階から最高裁に至るまで一貫して冤罪(えんざい)が見過ごされた原因を解明するため、取り調べた検事らの証人尋問を求めたが、芦高裁判長は退けていた。

判決後、大阪地検の北川健太郎次席検事は「当時の証拠関係からすれば起訴相当の事案だった。結果として無罪となるべき事件を起訴したことは遺憾。十分な証拠の収集・把握に努め、基本に忠実な捜査を徹底したい」との談話を出した。

■「残念では済まされない」

「計り知れない苦痛を与え、再審公判を担当した裁判官として誠に残念に思います」。判決理由を読み終えた芦高裁判長が法壇から告げると、弁護人席で聴いていた男性は一瞬目を伏せ、唇をかみしめた。

判決後、男性は会見で不満をあらわにした。「残念で済まされたら、また同じことが起きる。率直な謝罪があると思っていた」

昨年9月の再審請求後に無実を示す診療記録が見つかり、釈放されるまで6年以上拘束された。再審公判は冤罪の原因や背景の解明に踏み込まずじまい。近く国家賠償請求訴訟を起こし、捜査・公判の問題点を追及する。この経験を冤罪防止につなげたいと願う。

苦しかった刑務所での暮らしは思い出したくない。失われた時間を惜しむより、前を向いて進みたいと思う。「また働きたい。そして、みんなと仲良く、楽しんで生きたい」」




この事件↓の続報ですね。
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/424709020.html

当の本人の女性に対する損害賠償請求は、行わないのでしょうか。

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月27日

グーグル「知る権利損なう」 逮捕歴の検索削除訴訟争う


以下は、朝日新聞デジタル(2015年10月16日)からの引用です。

「グーグルで名前などを検索すると逮捕歴が分かるとして、男性が米グーグルを相手取り、検索結果を消すよう求める訴訟をさいたま地裁に起こした。

逮捕歴がわかることで、更生を妨げられると訴えている。

16日に第1回口頭弁論があり、グーグルは請求棄却を求める答弁書を提出。

知る権利を損なうとして、争う姿勢を示した。

更生を理由に検索結果の削除だけを求める訴訟はめずらしい。

訴状などによると、男性は約4年前に女子高生に金を払ってわいせつな行為をしたとして逮捕され、児童買春・児童ポルノ禁止法違反の罪で罰金50万円の略式命令を受けた。

その後、グーグルで検索すると、逮捕時の実名入りの記事を転載した掲示板などが表示された。

男性は検索結果を消すよう求め、仮処分申請。

さいたま地裁は男性の主張を大筋で認め、グーグルに削除を命じる仮処分決定を6月に出した。

検索結果は消されたが、グーグル側は決定を不服とし、男性に正式な訴訟を起こすよう求める「起訴命令」を申し立てていた。

男性は「実名報道を表示する公益性は喪失しており、更生を妨げられない利益が優位」だなどと主張している。

グーグル日本法人は16日、「(検索結果は)人々の知る権利に貢献するという観点から、引き続き裁判で争います」とコメントした。」




この記事↓の続報ですね。
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/421881036.html

仮処分は飽くまで仮の処分なので、本案訴訟で白黒をつけることができることになっています↓
http://www.courts.go.jp/tokyo/saiban/minzi_section09/sonota_tetuzuki/

仮処分に対する異議申立という手続もありますが↓、じっくりと腰を据えて、本案訴訟で争いたいということのようです。
http://www.courts.go.jp/tokyo/saiban/minzi_section09/huhuku_mousitate/

さて、どうなるのでしょうか。

最高裁まで、行くのでしょうか。

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする