2017年11月16日

夫婦別姓 サイボウズ社長「選択できず不利益」国を提訴へ


以下は、毎日新聞(2017年11月9日)からの引用です。

「日本人と外国人との結婚では同姓か別姓かを選べるのに、日本人同士の結婚だと選択できないのは「法の下の平等」を定めた憲法に反するとして、東証1部上場のソフトウエア開発会社「サイボウズ」(東京都中央区)の青野慶久社長(46)ら2人が、国に計220万円の損害賠償を求め、来春にも東京地裁に提訴する方針を固めた。

代理人弁護士によると、法律婚した男性による夫婦別姓訴訟は初めて。

青野さんは、旧姓の「青野」で経営者としての信頼を築き、サイボウズは2000年に東証マザーズ上場。翌01年の結婚時に妻の姓を選択してからも旧姓を通称として使ってきた。

しかし、所有していた株式の名義を戸籍上の姓に書き換えるのに約300万円を要した。

「働き方が多様になった方が働きやすくなるのと同じで、姓も選択できる方が生きやすさにつながるはず」と訴える。

女性の社会進出によって選択的夫婦別姓を望む人は増えている。

原告代理人の作花知志弁護士は「姓は人権としての側面が出てきている。戸籍法を改正して旧姓使用の選択を認めればいいだけなのに現状は憲法の精神に反する」と主張する。

神奈川県内の20代女性も同時に提訴する予定。

この女性は旧姓への愛着が強く、「名前はアイデンティティーそのもの。紙1枚で別人になったことが悔しい」と話す。

民法750条は婚姻の際に「夫または妻の氏を称する」と規定している。

最高裁は15年に「合憲」と判断したものの、判事15人のうち女性3人全員を含む5人は違憲と判断しており、世論の反発も強い。」




夫婦別姓を合憲と判断した最高裁判決については↓
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/431526134.htm

婚姻の際、改姓した夫側からの提訴は初めてとは言っても、争点は同じように思うのですが。

上記最高裁判決から、もう2年近く経ったかのと、月日の経つのが早いことには驚きますが、それでもまだ2年。

改姓した妻側からの請求は認めなかったのに、改姓した夫側からの請求は認めるとなると、それこそ、男女平等に反することになるのではないでしょうか。

さて、どうなるのでしょうか。

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 12:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

タクシーで暴れ車内壊した疑い 男性弁護士を書類送検へ


以下は、産経ニュース(2017.11.11)からの引用です。

「札幌市の30代の男性弁護士が6日、タクシー乗車中に暴れて車内を壊した疑いがあることが10日、捜査関係者への取材で分かった。

北海道警は弁護士から器物損壊などの疑いで事情を聴いており、近く書類送検する方針。

捜査関係者によると、男性弁護士は札幌弁護士会所属。

札幌市中央区で6日夜タクシーに乗り、運転席と後部座席の間にある防犯ボードを蹴って壊すなどした疑いが持たれている。

運転手にけがはなかった。

目的地までの経路をめぐって激高したとみられる。

道警は、タクシー会社の被害届を受けてドライブレコーダーを解析。

後部座席の弁護士が、運転手に「何やってんだ」「ふざけんな」などと怒鳴ったり、運転席付近を蹴ったりする映像が写っていた。」




やれやれ…。

示談できれば、刑事事件としては、起訴猶予で済むかも知れませんが、被害者側は、絶対に示談には応じないとのことです。

それでも、器物損壊だけなら、略式罰金というところでしょうが、怒鳴ったり、物を壊したりして、タクシー代金の支払を免れたことは、どうなるのでしょうか。

勿論、弁護士会としても、何のお咎めもなしという訳には、行かないのではないでしょうか。




と思ったら、以下は、北海道新聞(2017/11/15)からの引用です。

タクシー破損疑いの弁護士書類送検 札幌中央署

「札幌中央署は14日、タクシー乗車中に暴れて車内の備品を壊したとして、暴行と器物損壊の疑いで、札幌市中央区北3東5、弁護士杉山央(ひさし)容疑者(37)を書類送検した。

送検容疑は6日午後11時25分ごろ、同市中央区の路上を走行中のタクシー車内で、60代の男性運転手が座る運転席を後部座席から蹴る暴行を加え、運転席の防犯ボードなどを壊した疑い。

運転手にけがはなかった。

同署は走行経路を巡るトラブルとみて調べている。

杉山容疑者が所属する札幌弁護士会の大川哲也会長は14日、「必要な調査を行い、信用回復に向けて厳正に対応する」とのコメントを出した。」




ネット上では既にバレバレでしたが、ついに新聞にも実名が出ましたね。

暴行と器物損壊ですか。

暴れた上に、代金を支払わずにタクシーを降りていますので、2項強盗に該当する可能性がない訳ではないですが、さすがに990円では立件しないのですかね。

運転手さんに怪我がなかったのが、お互いにとって、不幸中の幸いですね。

さて、どうなるのでしょうか。

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 18:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

司法試験の予備試験、最多444人合格 最年少18歳も


以下は、朝日新聞デジタル(2017年11月9日)からの引用です。

「法務省は9日、法科大学院を修了せずに司法試験の受験資格を得られる予備試験の合格者を発表した。

前年より39人多い444人で過去最多を更新し、制度が始まった2011年以来、6年連続の増加となった。

受験者数も前年より301人多い1万743人で過去最多だった。

同省によると、合格者444人のうち、今年1月の出願時点で高校生が1人、大学生が213人、法科大学院生が109人。

大学生が34人増えたほか、予備試験の合格者としては最年少となる18歳も含まれるなど、若年化が目立った。

予備試験は経済的事情で法科大学院に通えない人や社会人のために設けられた制度だが、法科大学院で2年(法学未習者は3年)過ごさずに司法試験を受けられるため、「時間もお金も節約できる」と「抜け道」化している。

新司法試験が始まった06年、法科大学院修了者の司法試験の合格率は48・25%だったが、09年以降は2割台に低迷。

一方、予備試験合格者は毎年6割を超える高い合格率を保ち、合格者数も年々増加。

今年の司法試験の合格率は、法科大学院修了者が22・51%だったのに対し、予備試験合格者は72・50%だった。」




18歳の高校生が司法試験の予備試験に合格するとは、驚きですね。

どんな勉強をしていたのでしょうかね。

大学の受験勉強と並行して、勉強していたのでしょうかね。

1万743人受験して僅か444人、合格率4%の狭き門、優秀な人が飛び級することは、当然、認められなければならないと思います。

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 12:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする