2016年12月09日

交通取り締まりの警察対応「はなはだ不誠実」 大阪高裁が裁判打ち切る


以下は、産経ニュース(2016/12/6)からの引用です。

「信号無視でパトカーに摘発されたのに、反則切符の受け取りを拒んだとして、道交法違反罪に問われた不動産業の男性(60)=大阪府枚方市=の控訴審判決公判が6日、大阪高裁で開かれた。

福崎伸一郎裁判長は「男性が切符を受け取らなかったのは警察官の不誠実な対応が一因。そのことを棚に上げ、刑事処分としたのは男性に対して酷であり、信義に反し無効だ」として、罰金9千円とした1審枚方簡裁の略式命令を破棄、裁判を打ち切る公訴棄却を言い渡した。

控訴審判決によると、男性は昨年7月、大阪府枚方市内で車を運転中、赤信号を無視したとして、大阪府警のパトカーに停止を求められた。

男性は「黄色信号だった」と主張。

パトカーの車載カメラ映像を確認したいと要求したが、受け入れられず、反則切符の受け取りを拒否したため逮捕、起訴されていた。

判決理由で福崎裁判長は、検察官からカメラ映像を見せられた男性が一転、赤信号だったと認識を改め反則切符の受領を希望した点を重視。

当初から映像を示していれば反則金の納付で済んだのに、警察官が「そんなものはない」と拒んでいたとして「その対応ははなはだ不誠実というほかない」と批判した。

大阪高検の北川健太郎次席検事の話「判決内容を精査し適切に対応する」




刑事訴訟法に、直接の定めはないと思いますが、公訴権の濫用ということなのでしょうね↓
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=50200

コメントを出した大阪高検の北川健太郎次席検事は、私の修習生時代の指導担当でしたが、さて、どうするのでしょうか。

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

「自炊」代行業者を初摘発=著作権法違反容疑−京都府警


以下は、時事ドットコム(2016/11/30)からの引用です。

「著作権者に無断で漫画などを電子データ化し、販売したとして、京都府警生活経済課などは30日、著作権法違反の疑いで「自炊」代行業の木下裕喜容疑者(35)=京都市左京区下鴨南野々神町=を逮捕した。

「法に触れると思っていた」と容疑を認めているという。

紙の本を電子書籍化するため、スキャナーで読み取り複製する「自炊」と呼ばれる作業の代行サービス業者を相手に作家らが起こした訴訟では、業者側の著作権侵害を認める判決が3月に最高裁で確定している。

府警によると、業者による自炊行為そのものの摘発は全国初という。

逮捕容疑は4〜7月、京都府内の女性2人に販売する目的で、漫画「坂本ですが?」など3作品を無断で電子データに複製した疑い。

また4月ごろ、漫画「るろうに剣心」など3作品を複製し、府内の男女2人に販売した疑い。

同課によると、木下容疑者は2011年2月ごろ、自炊代行の依頼を受ける「scan systems」というホームページを開設。

客から配送された書籍を電子データ化し、350ページまで100円、それ以上は200ページごとに100円で販売していた。

今年9月までに約1200人から依頼を受け、漫画や小説など約2万6000作品をデータ化し、少なくとも750万円を売り上げていた。

依頼のあった作品のうち既に電子化済みのものは、手元のデータを使い回して販売していたという。

民事訴訟で代行業者側は「法で認められた個人利用の複製を補助しただけだ」と主張したが、確定判決は「複製の主体は業者だ」と判断し、自炊代行による著作権侵害を認定していた。

KADOKAWAなど出版4社は30日、「今後も悪質な著作権侵害行為に対しては厳正に対処していく」とするコメントを共同で発表した。」




今年3月の最高裁については↓
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/435623188.html

半分冗談だったのですが、本当に刑事告発したのですね。

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

令状なしGPS捜査の適法性、最高裁大法廷が判断へ 下級審で判断分かれる


以下は、産経ニュース(2016.10.5)からの引用です。

「裁判所の令状なしに、捜査対象者の車両に衛星利用測位システム(GPS)の発信器を取り付けた捜査の違法性が争われた連続窃盗事件の上告審で、最高裁第2小法廷(鬼丸かおる裁判長)は5日、審理を大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)に回付した。

大法廷へは、憲法判断や判例変更を行う場合のほか、重要な論点が含まれる場合にも回付される。
令状のないGPS捜査の適法性については下級審の結論が分かれており、最高裁が初の判断を示すとみられる。

大法廷で審理されるのは、被告の男(45)が知人らと共謀し、平成24〜25年、関西などで店舗荒らしや車のナンバープレート盗を繰り返したとされる窃盗事件。

公判では、GPS捜査が令状の必要な「強制捜査」と、令状の不要な「任意捜査」のどちらに当たるかが主な争点となった。

2審大阪高裁判決によると、捜査員らは裁判所の令状を取らずに、共犯者や関係者が使用する可能性の高い自動車やバイク計19台にGPS発信器を取り付け、車両の位置情報を取得していた。

また、発信器を取り付ける際などに私有地に立ち入っていた。

1審大阪地裁は平成27年6月の決定で「GPS捜査はプライバシーを大きく侵害し、強制捜査に当たる」と判断。

捜査で得られた証拠の一部を排除した。

その上で、7月の判決では被告や共犯者の供述調書などに基づき、懲役5年6月を言い渡した。

28年3月の2審判決は、令状なしにGPS捜査を行ったことを「違法と解する余地がないわけではない」としながらも、「令状が必要だったとしても、要件は満たしていた」と指摘。

捜査が行われていた当時、「GPS捜査を強制捜査と解釈する司法判断が示されたり、定着していたわけではない」として、「重大な違法はなかった」と結論づけ、1審判決を支持した。

令状のないGPS捜査をめぐっては、名古屋高裁が今年6月、「プライバシー侵害の危険性があり令状が必要だった」と判断。

1審名古屋地裁に続き有罪とされた被告側が上告している。」




本件で大法廷に回付された大阪高裁判決は↓
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/434710804.html

別件の名古屋高裁判決は↓
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/439834663.html

最高裁は、具体的な判断をすることになりますが、さて、どうなるのでしょうか。

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする