2016年08月23日

多胡運輸が破産、首都高のローリー火災事故で損害賠償32億円


以下は、レスポンス(2016年8月17日)からの引用です。

「東京商工リサーチによると、群馬で燃料輸送などを展開する多胡運輸が8月4日、前橋地裁高崎支部より破産開始決定を受けた。

負債総額は約33億円。

多胡運輸は1975年、運送業務を目的に創業。

一般貨物輸送のほか石油燃料の輸送などを手掛けて業容を拡大し、タンクローリー6台を含む46台のトラックを所有し約2億円の年間売上高をあげていた。

しかし2008年8月、東京都板橋区の首都高5号線熊野町JCTで、同社のタンクローリーが横転し炎上する大事故が発生。

高速道路高架部分の架け替え工事、近隣マンションの外壁被害など、事故による多額の損害賠償補償が問題となっていた。

事故に伴い、本社営業所の車両使用停止などの行政処分を受けながら、以後も事業を継続していたが、事故の影響で業績不振を招き、2011年12月には本社不動産を売却するなど経営悪化が露呈。

2012年度に事業を停止していた。

この間、首都高速道路が復旧費用など損害賠償を求め、トラック業界では過去に例のない高額補償事案として係争していたが2016年7月、多胡運輸は東京地裁で敗訴。

判決により同社および運転手に対し約32億8900万円の支払命令が下されていたが、高額な損害賠償の支払いができず事後処理を弁護士へ一任し、今回の破産手続きとなった。」




東京地裁の判決というは、このことでしょうね↓
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/440508063.html

やはり、対物保険には、加入していなかったようです。

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

過払金返還請求で消費者金融が大型自己破産 「栄光」が負債209億円で


以下は、産経ニュース(2016.8.16)からの引用です。

「信用調査会社の帝国データバンクなどによると、神奈川県の地場消費者金融大手の「栄光」が15日に東京地裁に自己破産を申請し、同日破産手続きの開始決定を受けたことが16日わかった。

負債総額は約209億円で、7月に民事再生法を申請した山梨県林業公社(260億円余)に次いで今年2番目の大型倒産となる。

負債の内訳は金融債務の34億円に加え、約3万6800人から請求された過払金返還訴訟による債務が約175億円あるという。

最近話題となることが多い「過払金返還請求」が消費者金融会社を直撃した例となった。」




過払金返還請求を免れるためだけなら、支払を命じる判決が出ても、強制執行が空振りになる状態にしておき、財産開示手続↓の申立があれば、その分だけ支払うか、過料覚悟でそれすらも無視するか、というだけの話であり、わざわざ自己破産することはなかったのではないかと思います。
http://morikoshisoshiro.seesaa.net/article/441086954.html

最近になって、突然、約3万6800人にも及ぶ借主から、約175億円にも及ぶ過払金返還訴訟が提起されたということはあり得ず、相当前からの話に決まっているのに、今まで、自己破産していなかった訳ですから。

前代表も死去したし、回収できる借主からの回収も済んだし、金融機関からの損金処理のための要請に応えて、自己破産というところでしょうか。

それにしても、過払金返還請求って、最近話題になることが多いのですかね。

武富士が破たんした平成22年に、いわゆる過払バブルは崩壊し、少なくとも私の事務所では、今年に入って、過払金返還請求事件↓の依頼は、皆無ですが。
http://morikoshi-law.com/kabarai.html

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

脅迫容疑の男性を不起訴処分に 東京地検


以下は、朝日新聞デジタル(2016年8月12日)からの引用です。

「小池百合子都知事を脅す電話をかけたとして、脅迫容疑で逮捕された男性(67)について、東京地検は12日、不起訴処分(嫌疑不十分)とした。

男性は知事選の投開票翌日の1日、警視庁池袋署に「都知事を辞めさせる方法はないのか。殺すしかないか」などと電話をかけたとして、逮捕されていた。

地検は、知事本人に向けた脅迫と認定するだけの証拠が十分ではないと判断したとみられる。」




警察署に電話をかけただけでなく、他にも犯行予告とかしていたのではないかと思いましたが、別人だったのですね。




という訳で、以下は、同じく、朝日新聞デジタル(2016年8月3日)からの引用です。

小池新都知事を脅す電話かけた疑い 茨城の男を逮捕

「新たに東京都知事となった小池百合子氏を脅す電話をかけたとして、警視庁が、茨城県常総市の職業不詳篠崎芳男容疑者(67)を脅迫容疑で逮捕したことがわかった。

容疑を認め、「女性に知事ができるのか」と話しているという。

池袋署によると、篠崎容疑者は、都知事選の投開票日翌日の1日午前10時半ごろ、池袋署に「小池百合子が都知事となったが、やめさせる方法はないか、殺すしかないか」などと電話をかけた疑いがある。

署から連絡を受けた小池氏の選挙事務所が被害届を提出したという。」




続いて、以下は、同じく朝日新聞デジタル(2016年7月21日)からの引用です。

ツイッターに小池氏殺害予告 脅迫容疑で愛知の男逮捕

「東京都知事選に立候補している小池百合子氏(64)のツイッターに殺害予告を書き込んだとして、警視庁が、愛知県に住む40代の男を脅迫容疑で20日に逮捕したことが、捜査関係者への取材でわかった。

容疑を認めているという。

捜査関係者によると、男は19日午後11時30分ごろ、小池氏のツイッターに「明日朝7時52分、散弾銃で小池百合子を殺す」との文章を書き込んだ疑いがある。

書き込みの時間帯に異変は確認されず、その後、小池氏側が警視庁に被害届を提出していた。」




ツイッターを利用していないので、良くわかりませんが、小池氏のツイッターに「殺す」と書き込めば、小池氏自身が読むことができる状態になるのでしょうから、脅迫罪にあたるでしょうが、警察署に電話をかけて、「殺すしかないか」と話したことが、脅迫罪にあたるかどうかは微妙ですね↓
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%85%E8%BF%AB%E7%BD%AA

逮捕状、勾留状を発布した裁判官は、「被疑者が罪を犯したことを疑うに足りる相当な理由」の有無について、検討はしたのでしょうか。

このブログの筆者のホームページはこちら
posted by 森越 壮史郎 at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする